☆みきみんの世界徘徊記☆  ~近所のお散歩から女海外一人旅まで~

海外旅行大好きなアラサー会社員みきみんが世界の色んな場所で美味しいものを食べながらぶらぶらと徘徊した記録をゆる~く書き留めていくブログです。

スポンサーリンク

【本当にあった怖い話】転職してないのに年収が約200万減ってました!働き方改革・ホワイト企業化でサラリーマンは幸せになったのか?

こんにちは、最近定時ダッシュのみきみんです^^

住民税額通知書が届いて、あまりにも衝撃的だったので、投稿してしまいました!

なんと、給与収入の百の位が、約3年前と比べて2つ下がってました!

(住宅手当や持ち株等の天引きが増えてることもあるし、給料の詳しい仕組みとか全然わからないので、実質はそこまで減ってないのかもしれませんが、額面で約200万減ってるので単純にびっくりしました!)

年収ってだんだん上がっていくものかと思ってたのに、、、。

 

以前の働き方 

私は、とあるメーカーで営業をしているのですが、入社してから数年は、日付が変わるまで働くことも珍しくなく(地方だと終電という概念がないのでエンドレスw)、それでいて残業は40時間以内に抑えないと怒られたのでサービス残業・サービス休日出勤も当たり前で、「有給?何それ?おいしいの?」っていうぐらいにそこそこブラック企業でした。

自分の仕事の要領が悪いことも原因なのですが、先輩達もみんな遅くまで残ってたので、社会人とはそういうものなのかーと思ってました。

少し病んではいたけども、豪遊してもある程度の金額は勝手に貯まっていきました。

 

会社のホワイト企業

それがある年突然、会社が「全員3連続有給を取るように」と言い出しました。

今まで有給というものは幻かと思っていたし、振休だけでも嬉しかったのに、有給!しかも3連休!ということで、嬉しすぎて週末+祝日とつなげて6日間ヨーロッパへ旅行に行きました。

旅行中も仕事の電話がかかってきたりしましたが、本当に楽しくて「有給っておいしいものだったんだ!」と実感しました。

f:id:mikiminmin:20190625211420j:plain

 

それから数年のうちに社会が変わるにつれ会社も変わり、ブラック企業だった会社は、みるみるうちにホワイト企業になりました。

その期間にちょっと海外勤務とかもしてたので、帰って来た時は浦島太郎状態でした。

(もちろん海外勤務の時の給与体系はイレギュラーなのでカウントしてません。国内営業をしてた頃と比べて、給料が減ってるのでびっくりしました)

 

現在の働き方

部署が変わったこともありますが、同じ国内営業です。時代が変わりました。

業務に支障がなければ好きな時に好きなだけ有給を取れる(むしろ取らされる)、定時から1時間以内にほとんどの人が退社してて、20時にはほとんど人がいない、サービス残業の必要がない、ここはパラダイスかと思いました。

平日仕事が終わってからでも遊びに行けますし、こうやってブログを書く時間もあります!

 

以前は少しでも多くの売上がほしくて、得意先の営業時間中はできるだけ得意先を回って、定時を過ぎてから、見積もり作成、販売計画の入力、請求書の支払い処理、会議資料作成など、諸々の社内業務をしていましたが、今は定時で業務が終わるように逆算して、優先順位をつけて定時内で最大限に売上を伸ばせるようにする、それ以上は突き詰めるとキリがないから頑張らないようにしています。

 

給料下がって辛い

多少給料が下がっていることは自覚してました。手取り20万以下の時も結構あります。

毎月実家に帰りたいし、2~3か月に1回は海外も行きたいし、友達と飲みにも行きたいし、奨学金を月3万円ずつ返済しないといけないし、東京の物価は高いし、毎月赤字で辛いなーと思いつつ、残業をあまりしてないので、仕方ないかーと思ってました。

けど実際こうやって、年収が激減してることが具体的な数字として見えると複雑な気分になります。

会社はボーナスの回数とか金額もさり気なく減らしてくるし、サラリーマンは辛いよ(;_;)    

 

結局働き方改革で幸せになれたのか 

私は一人暮らしだし、働き方改革とか、会社がホワイト企業になってくれたおかげで、給料は減ったけど自由な時間が増えて、心身ともに健康に楽しく暮らしています。

けど、家族を養ってる人にとっては深刻な問題のようです。

物価は上がる、税金は増える、給料は減る、の三重苦(;´Д`)

 

まとめ

今はプライベート充実させて楽しいけど、このまま貯金を切り崩すとやばいことになりそうなので、今後の生き方とかお金の使い方をしっかり考えていこうと思いました^^