☆みきみんの世界徘徊記☆  ~近所のお散歩から女海外一人旅まで~

海外旅行大好きなアラサー会社員みきみんが世界の色んな場所で美味しいものを食べながらぶらぶらと徘徊した記録をゆる~く書き留めていくブログです。

スポンサーリンク

広東省博物館~建物がオシャレで恐竜の展示が迫力満点◎~

こんにちは、お盆休みに広州で暇してたみきみんです。

 

お盆休みといえども中国は普通に平日。

旦那の仕事は休みではないわけで、1人でお散歩したりタピ活したりしておりました。

せっかくなので、行ったことない観光地に行ってみようということで、今まで気になっていた広東省博物館に行ってきました!

 

博物館はapm(地下鉄)で大剧院駅まで行き、地上に上がるとすぐ発見できます。

なのに地下に「博物館はこっち」みたいな標識が出てたから、地下からも行けると思って、でも入口が見当たらなくて来た道を戻ったりして彷徨ってたので、なかなか辿り着きませんでしたw

結局諦めて地上に出て、入口まで来ました。

おしゃれな建物です。このあたりのエリアは現代的でアーティスティックな建造物が多いです◎

建築とか芸術とか全くわからないけど、惹き込まれます!

f:id:mikiminmin:20190906190021j:plain

調べたところチケットは無料のようです。

ただパスポートは必要です。

隣の広州図書館に行った時もパスポートが必要で、友達と図書館に行った時に「博物館もパスポート必要」って聞いたのを思い出したので、持って来てました。

 

チケットセンターに置いてある機械でチケット発行したかったけど、身分証が必要っぽくて、外国人はどうすればいいのかわからず、キョロキョロしてました。

すると「恐竜企画のチケット持ってる人はそのまま左の入口から入ってください」っていう張り紙があったから、チケットセンターの外側に貼ってあった恐竜企画のポスターにあるQRコードを読み込んで、そのサイトから予約し、電子チケット(QRコード)を見せて左の入口から入りました。入る時にチケット確認する人が広東語で何か言ってたのですが気にせず普通に入ろうとしたら、普通话で言い直され、人数を聞かれていたので、1人と答えて入って行きました。

 

広州に住んだことがありケータイでのチケット予約に慣れてる私でも、結構入るまでの手順がややこしかったので、普通に観光で来た外国人にとったら至難の業やと思います。

もしかしたらもっと簡単な方法あるのかもしれませんが、、、。

 

というかそもそも、中国人の親子とか友人同士で来てる来館者ですごく賑わってたけど、外国人らしき人は全然いなかったし、人民のための施設っていう感じで、外国人はお呼びでないのかなw

 

入ると1階は広々としてて、2階はカフェコーナー等、展示コーナーは3階と4階にありました。

 

展示はなかなかおもしろかったです。

まず4階に行くと海の生物の展示があります。

f:id:mikiminmin:20190906190339j:plain

3階と4階は吹き抜けになっていて、3階に展示してる恐竜はすごく大きくて迫力があります!4階から顔が至近距離で見えますw

f:id:mikiminmin:20190906191315j:plain

 

3階にはそれ以外にも複数の部屋があり、部屋ごとに色んな展示がありました。

 

例えば「南海1号」という沈没した船に関する展示コーナーとか

f:id:mikiminmin:20190906192950j:plain

f:id:mikiminmin:20190906192925j:plain

四川での遺跡発掘作業の様子とか発掘物の展示コーナーとか

f:id:mikiminmin:20190906192225j:plain

 

色んな硯(すずり)の展示コーナーとか

f:id:mikiminmin:20190906193226j:plain

すずりしか置いてないし閑散としてたwww

f:id:mikiminmin:20190906193232j:plain

 

そして、また恐竜のコーナーとか。

恐竜多いわwww

吹き抜けにあるのが常設で、こっちが企画展なんやろうけど。入場する時に予約したやつ。

f:id:mikiminmin:20190906193539j:plain

ゲームみたいなやつかな?すごい並んでたので素通りしました。

f:id:mikiminmin:20190906193712j:plain

 

 

まぁ全体的におもしろかったし、真夏に空調の効いたところでゆっくりするには絶好の場所でした◎

 

その後は映画館行きましたー!

その時の話は追い追い書きます。

 

やはり真夏は屋内で遊ぶのが一番です^^