きのみきのまま

旅行・グルメ・子育てなどについて、ゆる~く更新していきます。

スポンサーリンク

【2022年中国渡航準備】コロナ禍での渡航にかかった時間と、必要手続きのまとめ

コロナ禍のせいで、渡航するまでめっちゃ時間がかかりました。辛かったなぁ。

振り返りのために、まとめてみます。

渡航準備が始まるまで

旦那に会えない妊娠~出産期間

2020年1月(春節) 旦那の一時帰国中に妊娠発覚。2021年の1月~2月頃(春節あたり)に子連れ帯同しようと決める。

2020年2月 数か月後には会えると思って、旦那は中国に戻る。(なのに実際は、妊娠中も出産の時も息子が赤ちゃんの頃も、一度も会えなかった)

2020年9月 出産。なるべく立ち会いたい(立ち会えなくても産まれた子を見に帰国する)と言ってたのに、帰国できず。

長い長い帯同待ち期間

息子の予防接種も一段落して、すぐにでも広州に行きたいのに、何回問い合わせしても、全くビザ申請受付開始する気配なし。

子育て大変すぎるし、いつになったらこの生活が終わるのかわからず、精神的に不安定すぎた。

渡航準備

やっとビザの受付が再開。希望が見えてきた。

招聘状取得

2021年12月2週目 招聘状申請

2022年1月1週目 招聘状追加書類提出 

2022年1月最終週 招聘状発行

ビザ取得

2022年2月2週目 ビザ用写真撮影

2022年2月3週目 ビザ申請 

2022年2月4週目 ビザ発給

予防接種

2022年2月2週目、2月3週目、3月2週目に接種

引越し

大阪の実家で子育てしてたけど、渡航日も決まり、いよいよ渡航が現実的になったので、「どうせ成田発の飛行機やし、早めに東京来た方が渡航準備便利そう」と思って、3月3週目に東京の自宅へ戻る。

(実家から広州へ持って行く荷物は一度東京の自宅に送り、東京に置いてある荷物と合わせて梱包し、4月1週目に日通さんに来てもらって荷出し)

ちなみに段ボールの個数は、旦那に「物は揃ってるから、ほとんど何も持ってこなくてもいいよ」と言われてたので、船便・航空便合わせて20箱以下(ほとんど息子の荷物)

結局広州に着いてから、「あれ持って来ればよかった~」みたいなのがいっぱいあったけどw

荷造り

船便・航空便の荷出しが終わってから、手持ちで持って行く物の荷造り。

外国人体格検査

2022年3月最終週

渡航PCR検査

4月1週目 7日前PCR

4月2週目 3日前PCR

4月2週目 2日前PCR

前泊

4月2週目 成田に移動し、前泊。

渡航当日

4月2週目 ANA便で渡航

集中隔離

14日間の集中隔離。

 この隔離ホテルで↓

自宅への移動

無事14日間のホテル隔離を終え、自宅隔離へ。

自宅隔離

7日間の自宅隔離。

渡航

隔離解除

5月1週目 14+7の隔離を終え、やっと広州で普通に生活できるようになった。

銀行口座開設手続き

5月4週目 銀行口座を開設。

まとめ

旦那に会えない2年3か月、長すぎました。(基本的に旦那大好き人間なのでw)

渡航日が1年以上遅れたので、息子は1歳7ヶ月でやっとお父さんに会えました。

こんなに辛い思いをして、やっと家族3人揃ったので、毎日幸せすぎです。

もうすぐ育休が終わってしまうので日本に帰らないといけないけど、帰りたくないなぁ~。