きのみきのまま

30代で退職し、旦那の中国(広州)駐在に帯同した駐妻のブログ。旅行・グルメ・子育て・中国関連情報などについて、ゆる~く更新していきます。

スポンサーリンク

【広州の幼稚園】ローカルインターナショナル幼稚園「Dawnwood 童莘幼儿园(ダンウッド)」見学方法は?場所は?料金は?園の設備・雰囲気は?

子供が幼稚園の年少さんになるタイミングで子供をどこの園に通わせようか検討するために、色んな園に見学に行きました。

今回はローカルインターの「Dawnwood 童莘幼儿园」に見学に行った時のことについて書きます。(2024年6月に見学に行った時の情報です。)

概要

広州東駅から徒歩圏内で、日本人がたくさん住んでいるエリアからアクセスしやすいので、日本人にも人気の高いローカルインターの幼稚園です。このエリアの裕福な中国人幼稚園児もダンウッドに通ってる子が多い印象です。

英語中心の「国际(インター)」と、中国語中心で英語も学ぶ「双语(バイリンガル)」の2種類のコースがあり、学費も違います。

場所

住所

广州市天河区林和东路267号

アクセス

地下鉄1号線・3号線「广州东站」駅から徒歩約8分

スクールバス

あり。

(見学の時に住んでるマンション名を言うと、そのバスストップの送迎時間を教えてもらえました。)

保育時間

8:00~16:30

(バスがマンションに到着する時間を聞くと16時30分よりもだいぶ早かったので、スクールバスを利用する場合は実質16時頃までの保育だと思います。)

休み

夏休み1ヶ月間
春節休み21日間

給食

朝ごはん・朝のおやつ・昼ごはん・昼のおやつがあり。

人数

それぞれのクラスの上限は下記の通り。

国際コース(先生4人)

小小班(プレ)18人
小班(年少)22人
中班(年中)25人
大班(年長)25人

バイリンガルコース(先生3~4人)

小小班(プレ)20~22人
小班(年少)25人
中班(年中)28人
大班(年長)30人

息子が入園するなら年少クラスになるので、小班について詳しく聞いてみると、国際コースが2クラス・バイリンガルコースが1クラスの合計3クラスあって、各クラス日本人が2~3名いるとのこと。

現在の幼稚園全体の生徒数は約310人だけど、新年度(9月以降)は約200人ぐらいになる。そして幼稚園全体の先生の人数は、英語の先生9人、中国語の先生40人以上で、コックさんや守衛さん等その他の職員さんも全部合わせると88人いるとのこと。

料金

保育料

国際コース小小班(プレ)8,500元/月
国際コース小班(年少)~大班(年長)8,300元/月
バイリンガルコース小小班(プレ)5,500元/月
バイリンガルコース小班(年少)~大班(年長)5,300元/月

食費

836元/月

バス代

1,000元/月

つまり、保育料+食費+バス代を合わせると、国際コースなら7,000元ちょい、バイリンガルコースなら10,000元ちょいって感じです。

入園物品代(制服・カバン・帽子など)

3,280元

入園時提出書類

・健康診断の結果(指定病院:妇幼龙口西分院)
・子供のワクチン接種記録の原本
・子供のパスポートのコピー
・親のパスポートのコピー
・子供の写真5枚(パスポートの写真サイズ)
・その他紙の入園申込書(現地で記入)

見学について

見学申し込み

WeChatで「Dawnwood」で検索して色々幼稚園情報を読んでいると、園児募集のページがあったので、そのQRコードを読み込み、「童莘入园申请表」を記入しました。(まだ入園すると決めたわけじゃないけど入園申請表記入して大丈夫なのかな?とは思ったけど、見学の時に「他の園も見学してから入園するかどうか決めます」と言えば大丈夫でした。)その入園申請表に見学希望かどうかをチェックする欄があったので「Yes」にチェックをして提出すると、しばらくしてWeChatで担当者から連絡があり、日程を相談しました。

そして日程が決まったら、当日守衛さんに見せる用の予約番号と、広州東駅から園までの行き方についてを送ってもらえました。

当日

幼稚園は「林和村」という小区の中にあります。

WeChatで送ってもらった通りに、駅からぐるっと回って東門から入りました。

園は門を入ってすぐの場所にあります。ベビーカーで行ったけど、階段の所はちゃんとスロープがあったので助かりました。

守衛さんに見学に来た事を伝えると、園内で座って待つように言われ、ここに案内されました。(予約番号見せようとしたけど特に確認されなかったw)

しばらくすると案内担当の男性の先生が案内してくれました。

教室はこんな感じ。

1階がインタークラスの教室、2階がバイリンガルクラスの教室になっているとのことでした。

トイレはこんな感じ。

そして園庭は広々してて

遊具も充実しています。

バスケットコートもあるし

ちょっとしたプールもあります。

プールといってもそんなに広くないので、ちょっとした水遊びをしたりする感じとのことでした。

見学してる途中に、廊下ですれ違った英語の先生が息子にフレンドリーに話しかけてくれました。

色んな部屋を案内してもらった後、図書室で座って色々追加で質問したい事を色々聞きました。この図書室、英語の本も中国語の本も充実してて、息子がめっちゃ気に入ってました。

案内担当の先生は、中国語での案内でしたが簡単な言葉で外国人にもわかりやすく説明してくれました。最初にWeChatでやり取りしてた時に「中国語でのやり取りでいいですか?」と聞かれたので、多分最初に「英語がいい」と言えば英語で対応してくれるんだと思います。

色々質問したけど、それぞれの質問に対する回答も端的でわかりやすいし、口頭での説明でわかりにくい場合はWeChatで資料を送ってくれたり、息子が「絵本読んで~」と質問を中断してきた時も待ってくれたし、とても親切に対応して下さいました。

9月入園する場合の申込締切日を聞いたところ、特に締切日は決まっておらず、定員が埋まり次第募集終了とのことでした。(私が見学に行った6月の時点ではまだ余裕があるとのことでした。)

感想

独身の頃、この幼稚園の真ん前のマンションに住んでいたので、幼稚園がある事は知ってたのですが、当時はどんな幼稚園か知りませんでした。そして子連れで渡航する前には、色々幼稚園情報を調べる中で、実はこの幼稚園が割と評判も良く、日本人で通ってる人も多いと知って、立地も便利で愛着のある場所でもあるので「息子が幼稚園に行く頃になったらダンウッドに通わせたい!」と思っていました。

今回実際に見学してみて、想像していた通り素敵な幼稚園だなという印象でした。実際にお子さんをダンウッドに通わせてるママ友も数名いるのですが、話を聞いた感じみんな満足そうなので、良い幼稚園なんだと思います◎