☆みきみんの世界徘徊記☆  ~近所のお散歩から女海外一人旅まで~

海外旅行大好きなアラサー会社員みきみんが世界の色んな場所で美味しいものを食べながらぶらぶらと徘徊した記録をゆる~く書き留めていくブログです。

スポンサーリンク

北九州一人旅〜門司から関門海峡を船で渡り、巌流島観光して下関へ〜

こんにちは。武蔵と小次郎といえばポケモンロケット団を思い出してしまう、みきみんです。
しかし今回は宮本武蔵佐々木小次郎の戦った巌流島に行ったお話です。

巌流島へは門司港(マリンゲートもじ)から連絡船が出ています。
門司港駅にはこの前日の夜も来ましたが、朝と夜では全然雰囲気が違います。

f:id:mikiminmin:20191118232305j:plain

駅を降りたら、すぐに船乗り場に直行。

f:id:mikiminmin:20191118232347j:plain

第1目的地は巌流島!

その後下関にも行くので、関門海峡・巌流島トライアングル1日フリーパスだ(1,000円)を購入。

(下関→門司へは船じゃなくて徒歩で帰ったから、単品で買った方が安かったと、後に後悔したけどw)

チケット購入した時に、チケット売場のお姉さんがパンフレットと時刻表をくれて、何時の船に乗ればいいか教えてくれました。

f:id:mikiminmin:20191118232431j:plain

船に約10分乗ったら巌流島に着きました。

f:id:mikiminmin:20191118232544j:plain

人の流れに沿って歩いて行くと、巌流島文学碑があります。

巌流島の正式名称は舟島というそうで、舟形の碑です。

巌流島は、今は埋め立てられて舟の形じゃないけど、元々は島の形が舟形だったそうです。

f:id:mikiminmin:20191118232619j:plain

そして海沿いに少し歩くと、丘の上に、この島のメイン観光地といえる武蔵・小次郎像が見えてきます。

諸説あるそうですが、宮本武蔵佐々木小次郎との決闘にわざと遅れて行って、佐々木小次郎が苛立って刀の鞘を捨て、これを見た武蔵が「小次郎破れたり」と言った話が有名です。

同じ船に乗ってきた人は、この辺りに集まって写真撮ってます。

f:id:mikiminmin:20191118232709j:plain

近くには、武蔵が乗ってきた伝馬船をイメージした船も展示されています。

f:id:mikiminmin:20191118232748j:plain

次の下関行きの船の時間までまだ余裕があったので、島の端まで散策してみました。

休憩所があるぐらいで、特に何もありません。

この先は私有地なので入れません。(というか島の大部分が埋め立てられた私有地です)

f:id:mikiminmin:20191118232847j:plain

あとは佐々木巌流の碑とか。

f:id:mikiminmin:20191118233016j:plain

巌流島の観光スポット全部回りましたが、30分ちょっとあれば十分楽しめました。

f:id:mikiminmin:20191118232933j:plain

下関行きの船の時間まで、待合室的な所で待ちました。

色々書いてあるので退屈せずに待てます◎

f:id:mikiminmin:20191118233224j:plain

 そしてこの船に乗りました。

f:id:mikiminmin:20191118233053j:plain

来る時は屋内の席に座ってましたが、帰りは外の席に座ったので、船から見た巌流島の写真も撮れました^_^

f:id:mikiminmin:20191118233150j:plain

 ほんとにふらっと回れるぐらいのサイズの島で、のんびりするには良いです◎

メインの目的地として来るほどではないけど、下関とか門司の観光ついでにふらっと寄るにはちょうどいい、ディズニーで例えるとトムソーヤ島みたいな感じです。

なかなかオススメです^_^