きのみきのまま

旅行・グルメ・子育てなどについて、ゆる~く更新していきます。

スポンサーリンク

【2022年中国渡航】集中隔離解除日について。自宅への移動時間は?移動手段は?旦那との感動の再会?

2022年4月に中国広州に渡航しました。
14日間の集中隔離を経て、15日目に晴れて自宅へ帰れることになりました。

↑この記事に書いたように、集中隔離14日間の後の7日間も、低リスクホテルに移動して隔離になる危険性もあったのですが、何とか自宅がある社区から自宅隔離の許可が下りたので、自宅での隔離になりました。
自宅隔離でも、家から一歩も出れないのは同じなのですが、旦那が一緒に隔離してくれることになったので、息子と2人での隔離を継続するよりもだいぶ楽かなと思いました。(実際はそうでもなかったけどw)
今回は、集中隔離解除日(自宅への移動日)の事について書きます。

ホテルで待機

最初は旦那の会社の車に迎えに来てもらう話も出ていたのですが、移動は個人的にはできず、政府の車に乗らなければいけないと事前に知らされました。
当日は何時に呼び出されるかわからなかったため、いつでもすぐ出れるように荷造りしておき、最低限のおもちゃだけ出しておいて息子を遊ばせていました。
おそらく午後の移動になるだろうということだけ聞かされていましたが、移動日前日のPCR検査でまた同じホテルから陽性者が出たことを聞かされ、雲行きが怪しくなりました。待てども待てども連絡がなく、ホテルの人に質問しても、政府からの連絡がないからわからないとのことだったので、もしやもう1日ホテル隔離延長になってしまうのか?との不安もよぎりました。

移動

17時頃やっとホテルのフロントから「バスが来たから今すぐ降りてきてください」と電話がかかってきて、急いで荷物をまとめました。
「荷物が多いので事前にカートを貸してほしい」と伝えてたのですが、まだ届いてなかったので、廊下をうろついている防護服のスタッフの人を呼び止めて、カートを2つ頼んで、荷物を載せて、降りていきました。
検査を受ける時やごはんを受け取る時に、部屋の玄関から眺めるだけだった廊下を、実際に2週間ぶりに歩ける喜びを噛み締めて写真撮りました。
今すぐと言われたので、めっちゃ急いで荷物を載せて降りて行ったのに、チェックアウトが長蛇の列で、並んでる間は暑いし息子がうろちょろ歩くし大変でした。結局18時前にチェックアウトして、誘導されるがままにバンに乗りました。
チェックアウトの時に、集中隔離終了証明書とPCR陰性証明書をもらえました。
バスに何組か乗って、順番に降ろして行くっていう感じなのかなーと想像してたのですが、バンに乗ったのは私と息子だけで、防護服を着た運転手さんが透明のカーテン越しに運転してくれてて、めっちゃ広々と座れて快適でした。
私はやっと外に出れた喜びを噛み締めつつ景色を見つつ、旦那に「あと約〇分で着くよ」と連絡し、息子は私の膝の上で爆睡。

到着

19時すぎにマンションの前に着くと、旦那と友和不動産の担当者と社区の担当者が待ってくれていました。
荷物が多すぎるので、私と旦那では持ちきれないので、不動産の人がマンションの台車を借りてきてくれて後から運んで下さいました。
家に着くと、社区の人から自宅隔離についての説明があり、書類何枚かに必要事項の記入&サインして、自宅での抗原検査キットと健康観察の紙を渡されました。
入国してからずっと防護服の人としか会ってなかったのに、自宅マンションに着くと、旦那はもちろん、社区の人とかも普通にラフな格好で対応してくれたので、びっくりしました。
旦那との2年3か月ぶりの再会(息子はお父さんと初対面)なので、もっと感動的な感じになるかと思いきや、荷物運んだり書類書いたりバタバタして、感動のかの字もありませんでしたw
とりあえず落ち着いてから、旦那が買ってくれてたケーキを食べて、やっと自宅に着いたんやなぁと実感しました。ここまで長かった、、、!